国内サイトと海外サイトの違い

国内サイトと海外サイトの違い

国内サイトと海外サイトの違い

アダルト動画を配信している国内サイトと海外サイトの違いについては、

  • 円ドル決済=国内サイトは料金の支払いが円決済、海外サイトはドル決済がほとんどです。海外サイトは円安の時に利用すると円高の時より料金が少し高くなります。
  • 再ダウンロード=国内サイトはダウンロードの有効期限が無期限の動画を販売しており、アカウント削除やサイトの閉鎖などがない限り、無期限で動画の再ダウンロードができます。海外サイトは動画のダウンロードができる有効期限があるので期限(約1週間など)が過ぎるとダウンロードできなくなります。
  • DRM=国内サイトの動画はDigital Rights Management(デジタル著作権管理)が付いていることが多く、ダウンロードした動画を視聴するには専用の動画プレーヤーを必要とします。海外サイトはダウンロード動画にDRMが付いていないので様々な動画プレーヤーで視聴できます。
  • 月額動画=国内サイトはのDRM付き動画はダウンロード動画に有効期限があり、解約後など有効期限が過ぎると再生できなくなります。海外サイトは基本的にダウンロードした動画に有効期限は無いので動画の削除やデータの破損などが無い限りは再生できます。

英語表記のサイト

海外サイトは日本語完全対応のサイト、決済と退会処理のみ日本語対応のサイトがあります。
日本語完全対応のサイトはアカウントの退会ができますが、決済と退会処理のみ日本語対応のサイトは決済サイトで解約(メンバーシップのキャンセル)はできる一方でアカウントの退会ができないことがあります。アカウントを放置しておいても解約をしておけば料金が発生することはほぼ無いと思いますが、セールなどのメールが送られてくる場合があります。

 このエントリーをはてなブックマークに追加
このページの先頭へ戻る